悩まれている方が多い「萎縮性膣炎」は治る病気です。

 
むずむず痒くて…
 
性交による出血や痛みが強い…
 
頻尿や尿路感染がおきてしまう…
 
「萎縮性膣炎」は改善が可能な病気になります。
 
自分に合った漢方薬を試してみませんか?
 

萎縮性膣炎とは

症状が出ている方は「5人に1人」ですが、発症しているのは「2人に1人」で半数以上いると言われています。
 
後発年齢は更年期以降の女性に多い病気ですが、閉経後にしかおこらないわけではありません。
 
若い方でも「ホルモンの乱れ」により発症する事がある病気です。
 

萎縮性膣炎の原因

主に閉経後のエストロゲンや卵胞ホルモンなどの「女性ホルモンの分泌低下」が原因です。
 
エストロゲンなどの「女性ホルモン」は膣粘膜を潤して厚く丈夫に保つ働きがある為、女性ホルモンの分泌低下により
 
・膣の乾燥や萎縮
・膣粘膜が薄くなる
 
などに繋がります。
 
外陰部や膣の乾燥や萎縮は「雑菌が繁殖」して炎症が起こる事が多いです。
 
若い方では、
 
・月経不順や無月経
・ダイエット
・ストレス
・ホルモン剤の使用
 
がホルモンの乱れに繋がり「萎縮性膣炎」を発症する事があります。
 

萎縮性膣炎の症状

基本的には粘膜の潤いや厚みがなくなる事による「性交時の異常」「膣の違和感や異常」です。
 
症状としては、
 
「性交時の異常」としては性交時の不快感や痛み・性交後の出血など
「膣の違和感や異常」としては膣のヒリヒリ感や痒みなど
 
です。
 
酷くなると「膿を含んだ淡黄色のおりもの」「血液が見られるおりもの」などの症状が出る方もいらっしゃいます。
 
その他の症状としては、
 
〇排尿時の痛み
〇頻尿
 
など「尿路障害」に繋がる事も…
 
「膣炎」「尿路障害」「菌感染」が原因となる事が多い病気です。

萎縮性膣炎の漢方薬

女性ホルモンの低下が「萎縮性膣炎」の一番の原因になる為「ホルモンを整える漢方薬」を中心に使っていく事が多いです。
 
また膣への血流量の低下も原因の1つとされている為「血流を良くする漢方薬」を併用する事や「菌感染」をしている場合は「菌を除去する漢方薬」を併用する事もあります。
 
漢方薬にも「抗生剤」があるの?と聞かれる事が多いですが、実際多くの抗生剤があり菌の種類(カンジダやトリコモナスなど)により使い分ける事が可能です。
 
また「膣炎」の為炎症がおきている状態なので「炎症を鎮める漢方薬」を併用する事で痛みや痒みを鎮める事が出来ます。
 
その方の症状やご年齢などにより原因が違ってくる為、漢方薬の種類を使い分ける事が重要です。