「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を改善しましょう。

 
生理が不安定で…
 
どうしても生理周期が長めになってしまう…
 
不正出血してしまう…
 
中々排卵してくれない…
 
不妊の影響の大きい「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」
 
「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」は漢方薬で改善が見られる事の多い疾患です。
 
悩まれる前に一度ご相談下さい。
 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

卵胞が卵巣の中にたくさん出来てある程度の大きさで成長が止まることにより、排卵がおこりにくくなる病態です。
 
近年若い女性の20人に1人は「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と悩まれている方は多くなっています。
 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)といわれる方は

超音波で卵巣をみると10mmくらいの大きさの卵胞がたくさん出来ている「多嚢胞性卵巣」の状態です。
 
通常の卵細胞は卵胞に包まれて発育するにつれて大きくなり、およそ2cmくらいの大きさになると破裂して卵胞の中の液体とともに卵細胞が排卵されます。
 
また特徴として

・月経異常を伴う(月経周期が35日以上)
・男性ホルモン(アンドロゲンなど)の値が高い
・LH(黄体化ホルモン)値がFSH(卵胞刺激ホルモン)の値より高い

なども見られる方が多いです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因

まだはっきりとは解明されていませんが、原因と言われてるのが
 
・ストレス
・食生活の乱れ
・糖代謝異常
・内分泌異常
 
などです。
 
糖代謝異常はインスリンの働きが不十分な「インスリン抵抗性」、内分泌異常は「LH(黄体ホルモン)の異常分泌」によって卵巣での「男性ホルモン(アンドロゲンなど)の異常分泌」につながり、卵胞の発育に問題が起こると考えられています。
 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状

主な症状としては、
 
・月経不順や無月経
・不正出血
・不妊
・男性ホルモンの異常分泌による多毛やにきび
 
などの症状です。
 
「月経不順」「無月経」「不妊」「多嚢胞性卵巣による排卵障害」でおこる事が多くなっています。
 
ただ多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方でも自力で排卵している事も多く排卵があれば「妊娠は可能」です。
 
実際に「多嚢胞性卵巣」が治らなくて妊娠された方も多くいらっしゃいます。
 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は「オ血」「自律神経の乱れ」を中心に治療をしていきます。
 
ホルモンは脳から出ていますので「自律神経の乱れ」によってホルモンバランスは崩れる事が多いです。
 
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方は「内分泌異常」もある為、自律神経の乱れを治す事は大事になってきますね。
 
またもう1つの「オ血」を簡単にお伝えすると血の滞りです。
 
「オ血」の症状をご説明していきますね。
 

「オ血」の症状・漢方薬について

代表的な症状としては、
 
○冷えのぼせ(下半身は冷えているのに上半身はのぼせている)
○低温期の体温が比較的高め
○生理期間が長い
 
になります。
 
この様な時は「オ血を改善する漢方薬」が合う事が多いです。
 
「何種類かのオ血の漢方薬」を併用する事で改善傾向に向かいます。
 
また多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方は生理周期が長いのでオ血の症状と重なりますね。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症例

症例①(昭和60年生、女性)(服用開始時 20歳代後半)

妊娠をご希望でしたが中々子宝に恵まれず、病院に行った所「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断。
 
妊娠が出来ればとの事でご相談に来られました。
 
少し前の検査数値としては「LH 19.18」、「FSH 6.56」との事。
症状としては「生理時の腹痛」「生理周期の長さ(35日~45日周期)」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては「オ血を改善する漢方薬」を何種類か組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、病院で検査をした所、「多嚢胞性卵巣」が見えなかったとの事。
また今回の検査結果が「LH 7.3」、「FSH 7.8」と良い傾向に向かっていたとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、子宮内膜の厚さが足りないとの事で「子宮内膜を厚くする漢方薬」に切り替えた所、1ヶ月で改善が見られ子宮内膜も厚くなっていたとの事でした。
 
改善が見られた為、ご本人の希望により一旦治療終了。
後日ご連絡を頂き無事に妊娠、出産されたと教えて頂きました。
 

症例②(平成4年生、女性)(服用開始時 20歳代前半)

病院に行った所「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断。
漢方薬をもらっていたが、改善が見られなかったのでこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「1.2日目の生理痛」「生理不順(周期がバラバラ)」が気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
①オ血を改善する漢方薬
②血虚を改善する漢方薬(生理不順があった為)
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、びっくりした事に妊娠が確認出来たとの事。
ご本人も驚いていました。
 
漢方薬服用1ヶ月で改善が見られた著効の方になります。
 

症例②(平成1年生、女性)(服用開始時 20歳代後半)

生理不順・不妊症に悩み、病院に行った所「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断。
漢方にて改善が見られ、妊娠が出来ればとの事でご相談に来られました。

病院での検査をした所、左右の卵巣内にネックレスサインが確認され排卵も起こっていないとの事。
他の症状としては「不正出血」「濃いおりもの」「生理前症候群(PMS)」「体温表の乱れ」も気になるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
自律神経を整える漢方薬
オ血を改善する漢方薬
 
を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、不正出血がなく、おりものも気にならなくなったとの事。
病院での検査でも左のネックレスサインがなくなり、左側から排卵が見られたとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、今回も不調なく元気に過ごせているとの事。
また前回よりもしっかりした排卵が右側に見られたとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、今回も排卵は出来ていて体温表も整ってきたとの事。
今回着床には至らなかったのですが、お身体も整ってきたとの事でご本人の希望により治療終了とさせて頂きました。
 
体調も良く、基礎体温表を見ても改善が見られこちらも安心いたしました。
順調に排卵がくるようになりましたので、この調子で無事に妊娠されると何よりですね。

 
症例・漢方治療歴に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
症例・漢方治療歴 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 

症例・漢方治療歴 不妊症 

 

 
Q&A(良くある質問)
 
特にお問い合わせの多い内容を「担当薬剤師の前原」がお答えいたします
 
Q.病院で「自然排卵が難しい」と言われてしまいました…
 
A.漢方薬によって「主席卵胞」(受精を成立させるのに適した優秀な1つの卵胞)が確認されるようになった方も多いです。
早い方は3ヶ月ほどでも自然に排卵が出来るようになりますよ。
 
Q.生理が1ヶ月よりも長くなる事が多いです。(長い人は2~3ヶ月に1回)漢方薬で短くなりますか?
 
A.多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で悩まれている方は生理が長くなる傾向にあります。
漢方薬では体質を改善していく事で自然に周期が整ってくる事が多いですので、ご安心ください。
 
Q.生理痛が強く、生理前症候群(PMS)もあるのですが…
 
A.漢方薬は体質改善薬になりますので、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だけではなく他の諸症状も改善が見られる事が多いです。
他の気になる症状もぜひお話しください。一緒に解決していきましょう。
 
Q.病院の治療と一緒に続けても大丈夫ですか?
 
A.問題ありません。
「婦人科専門の薬剤師 前原」が病院での治療も踏まえた上で、その方に合った漢方薬のご提案を致します。
 
Q.多膿胞性卵巣症候群(PCOS)の人は妊娠しても流産しやすいと聞きました…
 
A.太陽堂では妊娠した後のケアもしっかり行っています。
「安胎薬」(流産のリスクを減らすための漢方薬)のご提案もしながら、元気なお子様が誕生するまでしっかりサポートさせて頂きます。
 
その他にも疑問に思ったことがあればお気軽にお問い合わせください。
 
東京新宿の漢方薬局太陽堂のお問合せ
  

 

 
太陽堂の特徴

”当薬局のHPをご覧いただき、ありがとうございます。
私たち太陽堂は「一人での多くの方の笑顔を見る為に」という思いのもと開局しました。
漢方薬とお客様の出会いがお悩み、体質改善の一助になれれば幸いです。”

特徴その1.
当薬局では、お客様「ひとりひとりに合わせた漢方薬」をその場で調合いたします。
そのため初めてのご相談では、「約1時間~1時間半」ほど相談時間をいただいております。
(遠方のお客様や、お忙しいお客様へは配送の受付もしております。詳しくはお問合せください)

特徴その2.
お作りする漢方薬は、国内外から厳選した生薬の力を、余すことなくお客様に届けるため
「煎じ薬」をお勧めしております。

特徴その3.
当薬局は漢方専門の薬剤師が「得意とする専門分野」にわかれて日々研鑽しています。
お客様の健康を第一に考え、漢方の勉強会なども積極的に開催しております。
 
「担当薬剤師」 前原 信太郎
 
「学術発表 実績」 2017年 学術発表
 
調剤薬局の薬剤師として6年間勤めました。
漢方の勉強をして、より患者さんの治療の選択肢の幅を広げたいという思いから「漢方の道」に。
調剤薬局も経験している為、西洋学の知識も勉強を積み今に至ります。