産後の神経症

産後の神経症や産後のうつ、産後の…
などといった言葉を最近聞く事が多くなってきていると思います。最近では、産後女性の10~15%が産後うつ病というデータも出ています。
産後の神経症より最近多くなっている若年性更年期障害(プレ更年期)に繋がる事もあるそうです。
思い返してみると産後から調子が悪くなったという方も多いのではないでしょうか。

産後の神経症の原因と主な症状

産後の神経症になる明確な原因はまだわかっていませんが、一番はホルモンの影響と言われています。
女性の身体に関係してくるホルモンの中にエストロゲンとプロラクチンというホルモンがあります。

エストロゲンとプロラクチンについて

エストロゲンは、卵胞ホルモンと呼ばれ妊娠と共に上がり出産後急激に落ちてきます。
そのエストロゲンが、妊娠前より落ちてしまっている(平均以下の状態)方に産後の神経症(産後うつ)が多く見られると言われています。
また、プロラクチンは母乳を分泌する為に手助けしてくれるホルモンになり、母乳をあげる事でプロラクチンは、高い状態を維持しています。
このプロラクチンも脳の視床下部が司っていますので、精神状態がかなり影響すると言われています。

産後の神経症の主な症状

主な症状としては、不眠や不安感、憂うつ感といった症状になってきます。

子供の夜泣きが原因の事もありますが寝かしつけた後も寝れない。
子供を育てられるか不安になってくる。
一人でいると不安になってくる。
なんだか何もやる気が出ない。

などの症状が多いと思います。
こういった症状から一人で抜け出すのは中々難しいと思います。

産後の神経症は、西洋学では治療が難しい分野になってきます。その方・その方に合わせた症状で治療をさせて頂きます。
せひお気軽にご相談ください。

産後の神経症(産後うつ)の症例

症例(昭和58年生 女性)

頭痛、倦怠感、気分が落ち込んでしまう、やる気が出ないなどの症状に悩みご相談に来られました。 
出産後、授乳が終わり、生理が来てから症状が特に酷くなり、特に「生理前」が一番きついとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、「ホルモンバランスを整えてくれる漢方薬」を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、たまに飲めない日もあったが、生理前になっても頭痛、倦怠感、気分の落ち込みもなかったそうです。
 
漢方薬を服用してから1ヶ月でほとんどの症状がなくなり、特に酷くなる生理前にも症状が出ていないとおっしゃっていました。
2ヶ月目の漢方薬を飲んでいる最中に無事に妊娠が分かり漢方治療は終了となりました。