その「子宮筋腫」改善するかもしれません。「子宮筋腫」は治る病気です。

 
生理痛が酷くて…
 
出血量も多く貧血をおこす事が多い…
 
不正出血を起こす事もある…
 
「子宮筋腫」は改善が可能な病気になります。
 
手術を選択する前に漢方薬も一度考えて見て下さい。
 
太陽堂には多くの「子宮筋腫」の方が来られています。

子宮筋腫とは

子宮にできる良性の腫瘍になり、悪性の腫瘍ではないので転移はしません。
 
30~40歳の方に多く、3人に1人は子宮筋腫を持っていると言われています。(更年期以降は子宮筋腫が小さくなる事が多いです。)
 
最近では20代で子宮筋腫を持っている方も多くなっている為、子宮筋腫の方は増加傾向です。
 
子宮筋腫は「子宮体部」に出来やすいですが発症する場所によって大きく別れます。
 

子宮筋腫の種類

出来る場所により変わり「筋層内筋腫」「漿膜下(しょうまくか)筋腫」「粘膜下筋腫」に分類されます。
 
最も多いのが「筋層内筋腫」になり、大きくなると内膜に影響を及ぼし子宮の収縮を妨げ「過多月経」を引き起こします。
 
その次に多いのが「漿膜下(しょうまくか)筋腫」になり子宮の表面にできる筋腫です。
 
子宮の外側に向かって大きくなっていくため、かなり大きくなるまで病状が出ない事が多い筋腫になります。
 
一番少ないのが「粘膜下筋腫」になりますが、一番症状が出やすい筋腫です。
 
小さな「粘膜下筋腫」でも過多月経や不妊の原因になり、大きくなると月経でないときでも出血が続くようになってしまいます。

子宮筋腫の原因

はっきりとした原因はわかっていないですが「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが関係していると言われています。

「エストロゲン」は生理後から排卵までの間に分泌されて「子宮内膜を厚くし整える働きのあるホルモン」です。

この「エストロゲン」の分泌が多い人ほど子宮筋腫が大きくなりやすいと言われています。

子宮筋腫の症状

症状としては、

〇過多月経
〇貧血
〇生理痛(月経困難症)
〇下腹部痛
〇腰痛
〇頻尿、尿失禁、尿閉
〇不妊

などになります。
 
「過多月経」「貧血」を訴える方は多く、
 
筋腫があると子宮内膜の表面積が広くなる為、はがれる内膜の量が増えることによる出血量の増加。(過多月経)
 
出血量が増える事による貧血症状(めまいやふらつき等)
 
この2つの症状が一番多いと言われています。
 
その他の症状としては、
 
筋腫を輩出しようする事による「生理痛(月経困難症)」
 
筋腫によって子宮の内腔が変形を起こし受精卵が着床しにくくなる事や卵管を圧迫する事による「不妊症」
 
になります。

子宮筋腫の漢方薬

東洋学的には子宮筋腫を「血の塊」として捉えます。
 
血の滞りをオ血と言い、この「血の塊」も血の滞りとして見る事が多いです。
 
その為「血流を流す漢方薬(オ血を改善する漢方薬)」を使い、そこに「塊を失くす生薬」を何種類か追加する事が基本の漢方薬になっています。
 
また太陽堂では「筋腫を軟らかくする生薬」や菌感染が関係している可能性があると言われている事から「菌を除去する漢方薬」を追加しています。

子宮筋腫の症例

症例①(昭和39年生 女性)(服用開始時 43歳)

何ヶ月か前に病院に行った所「子宮筋腫」と診断。
症状が酷くなっている為、ご相談に来られました。
 
症状としては「生理痛」「月経過多」「不正出血」になります。(特に2.3日目が痛いとの事。)
子宮筋腫の「大きさは7cm」とおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類として
 
①オ血を改善する煎じ薬
②筋腫を改善する煎じ薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、生理痛も少なくなっているとの事。
長かった生理期間も短くなっているそうです。
 
漢方服用開始から1年、不正出血をした時期がありましたが、全体的に調子は良いとおっしゃっていました。
調子の改善が見られているとの事。
 
漢方服用開始から2年、生理痛・不正出血ともになく調子が良いとの事。
症状はほとんどないとおっしゃって頂けました。
 
症状もなく順調に過ごされているようで何よりですね。
その後、再発防止の為に漢方薬を少なくして今も服用して頂いています。

症例②(昭和49年生 女性)(服用開始時 30代前半)

 
不妊で悩み病院に行った所、「卵管狭窄」と「子宮筋腫」があると言われご相談に来られました。
子宮筋腫に関しては5cm以上の筋腫が確認されたとの事。
 
まずは「子宮筋腫」の治療をメインでしたいとの事で漢方の種類としては「子宮筋腫を小さくする漢方薬」を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2年、子宮筋腫が小さくなった為、本格的に不妊の治療へ。
体外受精を受ける事になりました。
 
漢方服用開始から2年5ヶ月、ホルモン治療で薄くなっていた子宮内膜も12.7mmと順調。
2つの受精卵を戻しました。
 
漢方服用開始から2年6ヶ月、心拍も無事確認できた為、流産防止に「安胎薬」を。
 
無事に出産したとご報告も頂けました。
子宮筋腫の治療もあった為、時間はかかりましたが無事に妊娠・出産までいけて一安心です。

症例③(昭和47年生 女性)

半年ほど前に病院での検査で「子宮筋腫」が見つかり手術を避けたいとの事でご相談に来られました。
子宮筋腫の「大きさは7cm」との事。(筋腫が10cm以上の場合が開腹手術になると言われています。)
 
症状としては生理痛があり「1日目に酷いとの事」、出血する期間も長く1週間ほど続いてしまうとおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類として
 
①オ血を改善する煎じ薬
②筋腫を改善する煎じ薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、生理痛もなくなり出血する期間も短くなっているとの事。
調子は良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、子宮頸がん・子宮体がん・異形成、全て陰性だったとの事
生理痛もなく、以前のように穏やかに過ごせているとの事でした。

漢方服用開始から1年3ヶ月、検査では筋腫の大きさは変わらず、経過観察で大丈夫と言われたとの事。
腫瘍マーカーの数値も下がっていて、痛みもなく楽に過ごせているとの事でした。
 
検査結果も体調もどちらも良好である事に安心致しました。
この調子で調子良く過ごしていけると何よりですね。
 

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 子宮筋腫 

 

 
Q&A(良くある質問)
 
特にお問い合わせの多い内容を「担当薬剤師の前原」がお答えいたします
 
Q.本当に「子宮筋腫」が小さくなりますか?
 
A.サイズや個数・部位にもよりますが、太陽堂では筋腫が縮小した方も多数いらっしゃいます。
その方に合った適切な方法を見定めながら漢方薬をご提案させて頂きます。

Q.病院からは手術を勧められますが、できれば手術をしたくないです…
 
A.手術を勧められたけどしたくないという事でご相談に来られた方がほとんどです。
漢方薬で筋腫が改善して手術をせずに過ごされている方も多いですよ。
ただし筋腫の部位や種類によっては手術を行った方が良い事もありますので、どのように対応していくか一緒に考えていきましょう。

Q.どのくらいの大きさから治療や漢方薬を考えた方が良いですか?
 
A.漢方薬でも早い方が対応はしやすい事が多いです。
ただし「サイズが大きい」「個数が多い」方にも漢方薬は有効になります。
どのような状態でもお気軽にご相談下さい。

Q.筋腫があると妊娠できませんか?
 
A.筋腫がある場所により妊娠に影響するものとしないものに分かれてきます。
筋腫のある場所が特定できれば影響があるかどうかご相談にのれるかもしれません。
また妊娠により筋腫が小さくなる事も考えられますよ。
 
Q.漢方薬のメリット、デメリットはありますか?
 
A.メリットとしては漢方薬にて筋腫の進行を抑えるだけではなく「筋腫が出来にくい体質」に変えていく事が可能です。
また気になる諸症状(「生理痛」「冷え」など)も並行して取れていく事が多いと思います。
 
デメリットとしては長期的に見て頂きたい事や保険が効かないので漢方薬代が多少高額になってしまう事です。(1週間あたり5000円が目安)
ただし諸症状に関しては1ヶ月ほどで良くなってくる方も多いですよ。
 
その他にも疑問に思ったことがあればお気軽にお問い合わせください。
 
東京新宿の漢方薬局太陽堂のお問合せ
  

 

 
太陽堂の特徴

”当薬局のHPをご覧いただき、ありがとうございます。
私たち太陽堂は「一人での多くの方の笑顔を見る為に」という思いのもと開局しました。
漢方薬とお客様の出会いがお悩み、体質改善の一助になれれば幸いです。”

特徴その1.
当薬局では、お客様「ひとりひとりに合わせた漢方薬」をその場で調合いたします。
そのため初めてのご相談では、「約1時間~1時間半」ほど相談時間をいただいております。
(遠方のお客様や、お忙しいお客様へは配送の受付もしております。詳しくはお問合せください)

特徴その2.
お作りする漢方薬は、国内外から厳選した生薬の力を、余すことなくお客様に届けるため
「煎じ薬」をお勧めしております。

特徴その3.
当薬局は漢方専門の薬剤師が「得意とする専門分野」にわかれて日々研鑽しています。
お客様の健康を第一に考え、漢方の勉強会なども積極的に開催しております。
 
「担当薬剤師」 前原 信太郎
 
「学術発表 実績」 2017年 学術発表
 
調剤薬局の薬剤師として6年間勤めました。
漢方の勉強をして、より患者さんの治療の選択肢の幅を広げたいという思いから「漢方の道」に。
調剤薬局も経験している為、西洋学の知識も勉強を積み今に至ります。