子宮腺筋症は治りにくい病気と言われています。

 
漢方薬で症状の緩和・改善が可能です。

毎月の生理痛が辛くて憂鬱…

経血量も多くて貧血気味に…

将来妊娠も考えている…

「子宮腺筋症」は改善が可能です。

あなたに合わせた漢方薬を試してみませんか?
 

子宮腺筋症とは

子宮内膜、又はそれに似た組織が「子宮筋層内」に発生して増殖してしまう病気です。

主に30後半から40代の出産経験のある方に多いと言われていますが、最近では20代の出産経験のない方にも増えてきています。

子宮内膜の増殖が「卵管」「卵巣」等に見られる病気が「子宮内膜症」です。

「子宮内膜」「子宮内膜症」の説明に関しては「子宮内膜症」のページをご覧ください。

子宮内膜症

子宮腺筋症の原因

上記でもお話ししましたが、出産経験のある方の発症は多い傾向があります。

出産を終えて収縮した「子宮筋層内」には所々に隙間があると言われています。

しばらくして生理が再開された時に、その隙間に子宮内膜やそれに似た組織が入り込んで増殖してしまうと考えられています。

出産経験のない、又は20代の女性でも発症する事があり、詳しい原因ははっきりと分かっていません。

子宮腺筋症の種類

大きく分けて2種類あり、

・子宮筋層内の一部分に存在する「局在型」
・子宮筋層全体に存在する「びまん型」

があります。

「びまん型」の場合は症状が強い傾向があります。

子宮腺筋症の症状

主な症状としては、

・生理痛
・下腹部痛
・過多、又は過長月経
・着床障害などの不妊の原因
・貧血

などがあります。

「びまん型」になると生理痛は激しいものとなり、生理が終わっても痛みが数日続く事も

あります。

妊娠が成立した後も

・早産
・前期破水
・胎位異常
・感染症

などが発生するリスクが高まります。

子宮腺筋症の漢方薬

症状や体質によって「瘀血」「血虚」で分けて考えていきます。

簡単に説明すると「瘀血」は血の滞りであり、「血虚」は血の不足として捉えます。

状態を見極めた後に「瘀血」「血虚」の漢方薬を選別していきます。

「瘀血」の主な特徴として

・生理期間が長い
・基礎体温が全体的に平均よりも高い
・冷えのぼせ(上半身は冷えているが下半身や四肢末端は冷えている)

などがあります。

「血虚」の主な特徴として

・生理期間が短い
・基礎体温が全体的に平均よりも低い
・冷え性

などがあります。

中には「瘀血と血虚の混在している方」もいらっしゃるので、「瘀血」と「血虚」の両方

の漢方薬を選別する事もあります。

その方の血の巡りや滞りを整える事で症状を改善していきます。