平成1年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」の方です。

生理不順・不妊症に悩み、病院に行った所「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断。
漢方にて改善が見られ、妊娠が出来ればとの事でご相談に来られました。

病院での検査をした所、左右の卵巣内にネックレスサインが確認され排卵も起こっていないとの事。
他の症状としては「不正出血」「濃いおりもの」「生理前症候群(PMS)」「体温表の乱れ」も気になるとおっしゃっていました。

漢方の種類としては、

自律神経を整える漢方薬
オ血を改善する漢方薬

を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、不正出血がなく、おりものも気にならなくなったとの事。
病院での検査でも左のネックレスサインがなくなり、左側から排卵が見られたとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、今回も不調なく元気に過ごせているとの事。
また前回よりもしっかりした排卵が右側に見られたとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、今回も排卵は出来ていて体温表も整ってきたとの事。
一旦漢方をお休みして様子を見ていくとの事でした。

漢方服用開始から5ヶ月、漢方をお休みしていたのですがお身体を整えていきたいとの事で漢方の服用を再開。

漢方服用開始から6ヶ月、左側の卵巣から主席卵胞が確認されたとの事。
不正出血などもなく体調は良いとの事でした。

基礎体温表やお身体の状態に関しても以前より整ってきているので安心致しました。
主席卵胞が認められるようになりましたので、このまま無事に妊娠のご報告が聞ければと思います。