平成4年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「生理不順」・「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」の方です。
 
年末に結婚式を控えブライダルチェックで検査を受けた所、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断。
結婚式を終えてから子供を授かりたいので、自然に排卵できればとこちらにご相談に来られました。
 
「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」の特徴である「無排卵」「ネックレスサイン」も確認。
 
症状としては10代の頃から「生理不順」(生理期間が長目)で、鎮痛剤を毎回飲むくらいの「生理痛」もあったとの事。
その他にも「肌荒れ」「便秘」も気になるとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①血流を整える漢方薬
②オ血を改善する漢方薬
③菌を除去する漢方薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛が以前よりも緩和して、今回は鎮痛剤を飲まずに過ごせたとの事。
お肌の調子・便秘共に改善、体質が変わった実感があるとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、生理痛が初日のみとなり、今回も鎮痛剤を飲まなかったとの事。
生理周期によって荒れやすいお肌も落ち着いていて、便秘も改善しているとの事でした。

漢方薬によって、様々な辛い症状が緩和されたとの事で大変喜ばれていました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。