昭和53年生 女性(相談時 30代後半)
 
こんにちは。
今日の患者さんは「卵管閉塞」・「不妊症」の方になります。
 
結婚されて中々子宝に恵まれず、20代後半に病院に行った所「卵管狭窄」と診断。
そのまま様子を見ていたが、3年ほど前に再度検査を受けた所「卵管閉塞」になってしまっていたとの事でご相談に来られました。(もう一つの卵管も狭窄しているとの事でした。)
 
「20代にクラミジア感染」がありましたが、今は治っているとの事でした。(卵管閉塞や卵管狭窄はクラミジア感染の有無が大事です。)
卵管閉塞以外の症状としては、「生理痛」「腰の重い感じ」「生理前の胸の張り」などが気になるとの事。
 
漢方薬の種類として、
 
①水の巡りを整えて気力を上げる漢方薬
②オ血を改善する漢方薬
 
の2種類を煎じ薬と粉薬で出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛や腰の重い感じ、生理前の胸の張りが全くなくなったとの事。
体調的には楽に過ごせていて妊活にも取り組んでいるとの事でした。
 
漢方薬を服用してからまだ1ヶ月ですが、諸症状の改善が見られて安心致しました。
このまま妊娠という報告をお聞き出来れば何よりですね。