昭和50年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは、生理痛の方になります。
 
2年前に卵巣嚢腫の摘出手術を受けてから生理痛が出ているとの事。
症状が酷くなっているので心配になりご相談に来られました。
 
症状としては「生理の少し前からの出血」「お腹の痛み」「吐き気」などになります。
 
特に1日目、2日目が症状が酷く出てしまうとの事でした。
また手術後、生理の期間も短くなり今は「23日周期」とおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類として
 
「ホルモンを整える漢方薬」
 
を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みの強さに関してはそんなに変わりがないが、痛む時間が短くなっているとの事。
楽にはなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痛みの強さも痛む時間も改善しているとの事。
生理周期も少しずつ伸びて「26日周期」まで改善しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、今回は生理痛が全くなかったとの事。
吐き気もなく楽に過ごせたとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、生理痛はなく、生理周期も改善が見られたとの事。
生理痛は全くなく、生理周期は「30日周期」まで改善しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、引き続き生理痛はなく調子が良いとの事。
最初おっしゃっていた「生理の少し前からの出血」、「お腹の痛み」、「吐き気」全部に改善が見られているとおっしゃっていました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
生理周期も安定、順調に改善が見られているのでこの状態が維持できると何よりですね。