昭和48年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「子宮筋腫」・「生理痛」・「貧血」の方になります。
 
3年ほど前に病院に「子宮筋腫」と診断、貧血を伴う為「子宮鏡下子宮内膜焼灼術」を行ったとの事。
出血は減ったが、筋腫がこれ以上減らないようにとご相談に来られました。

子宮筋腫の「大きさは8.5cm」との事。(筋腫が10cm以上の場合が開腹手術になると言われています。)
 
症状としては「生理時のお腹の張り」「お腹の張りによる膀胱の刺激(刺激による頻尿)」「貧血による立ち眩み」などとおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類として
 
①オ血を改善する煎じ薬
②筋腫を改善する煎じ薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、生理時のお腹の張りはなくなった為、膀胱への刺激もなくなったとの事。
貧血の数値自体はまだ改善していなかったが、立ち眩みなどの症状は出なくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、引き続き生理時のお腹の張り・痛みはないとの事。
体の冷えもなく、体調良く過ごせているとの事でした。
 
引き続き生理時の症状がなく元気に過ごせているようで安心いたしました。
この調子で改善が見られていくと何よりですね。