昭和46年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「多発性子宮筋腫」・「貧血」の方になります。
 
3年ほど前に病院で検診を受けた所「多発性子宮筋腫」と診断、小さい筋腫が何個か見つかりましたが経過観察で様子を見ていました。
今年に入って再度検診を受けた所、筋腫の大きさが「5㎝」になっているとの事。
筋腫が大きくなるのを予防して、手術を避けたいとの事でこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「疲れ」「足の冷え」があり、血液検査で「貧血」を指摘されていたとの事。
子宮筋腫による痛みや張りなどの自覚症状はもほとんどないが、生理時の「経血量は多い気がする」との事でした。
 
漢方薬の種類として
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、疲れやすさや冷えが取れて楽になってきたとの事。
生理時の経血量は変わらなかったが、「スムーズに出てきた感じがある」との事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、冷えを感じる事が少なくなり身体のポカポカする感じは続いているとの事。

漢方服用開始から5ヶ月、病院での検査結果で筋腫の進行はないと診断を受けたとの事。
貧血の数値も正常値に戻ってきたとの事でした。

漢方服用開始から6ヶ月、経血量は少し多めだが痛みなどはないとの事。
フラつきなどもなく過ごせているとの事でした。

多発性子宮筋腫は人によっては進行が速いので、検査結果を聞いて安心しました。
疲れや冷えの状態も改善されているようので、引き続き調子良くすごせていけるとなによりですね。