昭和55年生 女性
 
こんにちは。
本日の患者さんは「多発性子宮筋腫」・「生理痛」の方になります。
 
1年ほど前から月経量の増加・生理痛が気になり検査に行った所、「多発性子宮筋腫」と診断。
所々に筋腫があり、症状と共に筋腫の進行を抑えられればとこちらにご相談に来られました。
 
「粘膜下」「筋層内」「漿膜下」それぞれに「2~6㎝」の筋腫が確認されました。
血液検査の数値も「貧血」と診断されたとの事。
 
症状としては「経血量の増加」「生理痛」が一番気になるとの事でした。
痛みが強いので「痛み止め」を飲んでしのいでいるとの事。
 
漢方薬の種類として
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
③痛みを緩和する煎じ薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛の感覚が短くなり、痛み止めを飲む回数が減ったとの事。
フラっとする感覚も少なくなったとの事でした。
 
漢方服用開始から2ヶ月、生理痛・経血量共に改善が見られてきたとの事。
生理痛の時に飲んでいた鎮痛剤の量も少なくなり、痛みの感覚も更に短くなってきたとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、経血量が更に減少し、唇やお肌に血色が戻ってきたとの事。
排泄もスムースに行えるようになり、生理痛も治まってきているとの事でした。
 
漢方薬を飲み始めてから3ヶ月目でお身体が変わっているのを実感しているようで安心致しました。
症状の改善が見られているので、この調子で筋腫も改善が見られていくと何よりですね。