平成9年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「PMS(生理前症候群)」・「便秘」の方になります。

5~6年前から「生理前症候群」があり、生理の度に辛い症状に悩まされていたとの事。
1年前から症状が更に酷くなり大学も休みがちになった為、体質が改善出来ればとの事でご相談に来られました。

症状としては「生理前のイライラ」「吐き気」「倦怠感」「頭や体の重さ」「便秘」などが気になるとの事。
生理が近づくと「情緒不安定」が更に強くなり、気持ちを上手くコントロールできない時があるとの事でした。

漢方薬の種類として

①自律神経を整える煎じ薬
②痛みを緩和する煎じ薬
③便秘を改善する煎じ薬

の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、気持ちの不安定さがなくなり前よりも穏やかに過ごせているとの事。
上半身の重さ・吐き気・便通等の症状も改善して、調子が良いとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、ほてりや眠りの調子が改善しているとの事。
他の症状も改善が見られ、全体的に落ち着いているとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、生理前のイライラや倦怠感がなくなり、気持ちの面でも落ち着いているとの事。
便秘や肌荒れも改善されて今までで一番前向きになれているとの事でした。

漢方服用開始から5ヶ月、生理前後に関わらず気持ちは安定して過ごせているとの事。
お肌の調子も良く、外出も多くなったとの事でした。

漢方服用開始から6ヶ月、気持ちの乱れは少なく、外出も頻繁になったとの事。
運動もこまめに行い、お通じも自然に整ってきているとの事でした。

調子良く過ごせているので、便秘を改善する煎じ薬は6ヶ月目から中止して様子を見る事になりました。
最初にこちらに来られた頃に比べて笑顔も多く見られたので大変安心致しました。
気になる症状のほとんどに改善が見られている為、この調子で過ごせると何よりですね。