昭和50年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「子宮筋腫」・「生理痛」の方になります。
 
2年ほど前に病院で検診を受けた所、「7㎝の子宮筋腫がある」と診断。
筋腫が徐々に大きくなっている事と症状が気になるようになってきた為、こちらにご相談に来られました。
 
元々自覚症状はほとんどなかったのですが、今年に入り「生理痛」が酷くなり始め経血量も多くなってきたとの事。
生理痛に対して痛み止めを飲むようになり、検診では筋腫が「10㎝」に大きくなっていたとの事でした。
 
又、子宮頸がん検診では「軽度異形成」の状態であり、HPVウイルスも「陽性」であることから将来的に癌になる可能性も心配との事。

 
漢方薬の種類としては、
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
③ウイルスの活性を抑える煎じ薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛が軽くなり経血量がいつもより少なかったとの事。
痛み止めを飲む事もなく、先月よりも過ごしやすかったとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、生理痛がほぼない状態になり、痛み止めも飲まなかったとの事。
お腹の張りもほとんどなく過ごせているとの事でした。

漢方薬を服用して調子良く過ごされているとの事で安心致しました。
このまま筋腫の方にも改善が見られると何よりですね。