昭和58年生 女性

こんにちは。
本日の患者さんは「多発性子宮筋腫」の方になります。
 
2年ほど前から少しずつ月経量が増えて生理痛が毎回でるようになったので検査に行った所、「多発性子宮筋腫」と診断。
将来的に妊娠も考えていて、症状と共に筋腫の進行を抑えられればとの事でこちらにご相談に来られました。
 
「漿膜下」「5~6㎝」の筋腫が確認されていて、それよりも小さい筋腫が所々に「8~9個」確認されているとの事でした。
血液検査の数値も「貧血」が確認されたとの事。
 
症状としては「経血量の増加」「下腹部痛」「冷え」が一番気になるとの事でした。

 
漢方薬の種類として
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。

 
漢方服用開始から2ヶ月、生理痛・経血量共に改善が見られてきたとの事。
冷えの感じもなくなってきたとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、経血量は落ち着いていて下腹部痛も和らいでいるとの事。
先日行った検診では貧血も改善、子宮筋腫は大きくなっていないとの事でした。
 
漢方薬を飲み始めてからお身体が変わっているのを実感しているようで安心致しました。
多発性子宮筋腫は対処をせずにいると症状の進行も早くなるように思われます。
筋腫の勢いを抑えるだけではなく、症状の改善も見られているのでこの調子で過ごせると何よりですね。