昭和46年生 女性
 
こんにちは。
本日の患者さんは「子宮筋腫」・「子宮腺筋症」の方になります。
 
8年ほど前から生理痛が強くなったので病院にて検査をした所、「子宮腺筋症」と診断。
3年間ピルを服用してその後は経過観察、今年の4月から経血量が増えたので病院にて再度検査を受けた所「子宮筋腫」も確認され、少しでも緩和できればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「経血量の増加」「激しい生理痛」「下腹部痛と張り」が気になるとの事。

血液検査では「貧血」を指摘されていて「冷え」も感じているとの事でした。
 
漢方薬の種類としては
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
③痛みを緩和する煎じ薬
④生理の出血を整える粉薬(生理の期間のみ)
 
の4種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛や下腹部痛、下腹部の張りが治まって楽になったとの事。
経血量も以前の量に戻り、冷えも改善しているとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、辛かった生理痛や下腹部痛もなく元気に過ごせたとの事。
病院での検査で貧血の数値も正常値になり、快適に過ごせているとの事でした。
 
腺筋症と合併されている方は辛い症状に悩まされる事が多いです。
筋腫の勢いを抑えるだけではなく、症状の改善も見られているのでこの調子で過ごせると何よりですね。