昭和60年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「卵巣嚢腫」・「不正出血」の方になります。

今年に入って腹部の痛みが時々起こるようになり病院にて検査をした所、「卵巣嚢腫」と診断。
最近は少量の「不正出血」も出てくるようになった為、改善出来ればとの事でこちらにご相談に来られました。

嚢腫は「左側に2.5㎝」が確認されており、「漿膜性」ではないかとの事。

症状としては「下腹部左側の痛みと張り」「お通じの乱れ」「肌荒れ」が気になるとの事でした。

漢方薬の種類としては

①血流を改善する煎じ薬
②嚢腫を改善する煎じ薬
③痛みを緩和する煎じ薬

の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、腹部の張りはあるが痛みは和らいできたとの事。
不正出血も減ってきているとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、腹部の張りや痛みは前よりも減ったとの事。
出血やお通じの乱れも少なくなっているとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、不正出血・腹部の腫れ・痛みともになくなっているとの事。
お通じや肌荒れも改善して調子良く過ごせているとの事でした。

まだ調子の波はあるみたいですが、調子良く過ごされているようで安心致しました。
この調子で嚢腫にも改善が見られると何よりですね。