昭和55年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「PMS(生理前症候群)」・「生理痛」の方になります。

3ヶ月ほど前から生理前になると調子が悪くなるので病院を受診した所、「PMS(生理前症候群)」と診断。
日が経つごとに様々な症状が出てきた為、体質が改善出来ればとの事でこちらにご相談に来られました。

症状としては「生理前のイライラ」「フワフワした目眩」「生理痛」「腰痛」「下唇の痙攣」などが気になるとの事。
生理が近づくと「情緒不安定」が更に強くなり、感情のコントロールが難しい時があるとの事でした。

漢方薬の種類として

①自律神経を整える煎じ薬
②痛みを緩和する煎じ薬
③血流を改善する錠剤

の3種類の漢方薬を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、生理前のイライラや目眩、下唇の痙攣が無くなって気持ちも安定しているとの事。
生理痛や腰痛も軽くなって楽に過ごせているとの事でした。

漢方服用開始から2ヶ月、生理痛・腰痛に関しても今回は起こらなかったとの事。
諸症状も今は何もない状態で快適に過ごせているとの事でした。

漢方服用開始から3ヶ月、引き続き痛みはなく身体が軽いとの事。
疲れが残りにくくなって快適に過ごせているとの事でした。

漢方服用開始から4ヶ月、職場の環境も変わって大変だが体調は良く痛みなどはないとの事。
今回より錠剤を中止して様子を見る事になりました。

体質も改善されてきて症状が無くなってきている事に安心致しました。
気持ちの面に関しても安定しているので、この調子で過ごせると何よりですね。